« サクリファイス | トップページ | そしてまた… »

2008年2月18日 (月)

有頂天家族

こちらも読み終わりました「有頂天家族」bookです。
このなんとも脳天気な題名に引かれてリクエストしていました。

帯から引用すると
「偉大なる父、優しい母、かけがえのない兄と弟。こんなファミリーがまだ日本にあった。…でも、これ、全部「狸」の話。」
なのです。
おもしろそうな匂いがぷんぷんしますよね。

舞台は京都。
実は人間に混じって、なにくわぬ顔をして狸が生活しています。(もちろん人間に化けて歩いています)
天狗も人間のアパートに住んでいます。
そんな状況をひょうひょうとした文体で説明され、くすくすと笑いたくなってきます。

お話は狸一家の次男の目線で書かれ、すっかりご隠居になってしまった天狗の先生(天狗は狸の先生なのだそうです)、天狗に気にいられてさらわれ、天狗よりも天狗らしくなってしまった人間、そして自分の家族とのちょこっとした出来事が綴られていきます。

そういう日常のお話がいくつも入っている本なのかと思っていると、最後に
大事件が起こります。
それまでののほほんとした雰囲気から一転、
はらはらどきどきで一気に話が盛り上がりますよ。
さりげなく前半に、その事件に至るまでの経緯や家族それぞれの人格(狸格?coldsweats01)もきっちりと書かれているので、狸一家がどうなるのか夢中で読んでしまいました。

京都の地名がばんばん出てくるので、地理が分かったらもっと楽しめるんだろうなぁと思いましたが、
分からなくても楽しく読める本ですよhappy01

|

« サクリファイス | トップページ | そしてまた… »

コメント

お~、面白そうshine
とも♪さんの解説がいつもとても面白くて、
読んでみたい!という気になるんですよね~。

で、実際に死神の制度とか真夜中のピクニックとか
読んでとても面白かったです。

今回のも期待できそう♪
機会があったら読んでみたいですcatface

投稿: りん | 2008年2月19日 (火) 01:08

映画が人気ありましたよね!
私の手元には「かもめ食堂」があるんだけど
なんか最近頭を使いたくなくて「ウチの3姉妹」を
1巻から読みふけっています…

投稿: ねねちゃん | 2008年2月20日 (水) 08:14

りんさん、紹介した本を読んでもらえているなんて、うれしいですhappy01
これはちょっととぼけた感じで、これまで紹介した本とは雰囲気が違うかも。
でもおもしろいですよnote

ねねちゃん、映画になっているんですかsign01
さっそく探してみますね。
ウチの3姉妹、我が家にもあります。
おかしいですよね。

投稿: とも♪ | 2008年3月 6日 (木) 18:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/153356/40172726

この記事へのトラックバック一覧です: 有頂天家族:

« サクリファイス | トップページ | そしてまた… »